映画「世界から猫が消えたなら」佐藤健主演あらすじネタバレと感想

映画「世界から猫が消えたなら」のあらすじネタバレと感想を紹介します。

原作は、「電⾞男」「モテキ」「君の名は。」など数々のヒット作をプロデュースしてきた川村元気の初⼩説。

命の重さと⼈⽣の美しさをファンタジックな世界観で描き出した、「大人の絵本」のような映画です。

おすすめ度は★★★★★!

映画「世界から猫が消えたなら」の作品情報

≪公開≫
2016年(日本)

≪監督≫
永井聡

≪脚本≫
岡田惠和

≪原作≫
川村元気

≪キャスト≫
佐藤健、宮崎あおい、濱⽥岳、奥野瑛太、石井杏奈、奥田瑛二、原田美枝子

≪配給≫
東宝

 

映画「世界から猫が消えたなら」のあらすじネタバレ~ラスト

30歳、郵便配達員の「僕」。

普通に⽇々を過ごしていましたが、ある⽇突然、ガンで余命があと1ヶ⽉であることを知らされます。

そんな僕の前に突如、全く同じ顔をした「悪魔」が現れて⾔います。

「この世から何かを消すのと引き換えに、寿命を⼀⽇延ばしてあげましょう」

 

そして悪魔は⾔います。

「この世から、電話を消しましょう」

この世から電話が消える前に、電話をきっかけに交際を始めたかつての彼⼥に連絡をすることにした僕。

彼⼥と思い出を語り合ううち、何気ない⽇常の⼀部だった電話も、かけがえのない⼈と⼈との縁をつないでくれていたことに気づきます。

 

翌朝、世界から電話は消えていました。

当然、電話がなければ出会うことがなかった彼⼥の記憶の中から、僕は消えていました。

僕は、寿命が延びたのに妙な喪失感を感じるのでした。

 

悪魔は続いて、「映画」と「時計」をこの世から消します。

同時に、それらにまつわる僕と⼈との出会いも、思い出も、この世から消えて⾏きます。

 

そして悪魔は、この世から「猫」を消そうと提案します。

僕は、かつて家族で飼っていた猫と、僕⾃⾝の家族のことを回想します。

無⼝な⽗と、⼦供の僕と、可愛い飼い猫を愛し続けた⺟。

⺟は数年前、病気に倒れて亡くなってしまっていました。

僕や父親のことばかりで、⾃分は⼆の次だった母に⼤した親孝⾏もしてやれず、⺟は幸せだったのか疑問に思います。

 

そんな回想に浸る僕の元に、突然亡き⺟から⼿紙が届きます。

なんと、⺟が亡くなる前に、彼⼥が預かっていたのでした。

その⼿紙を読んで、⺟は幸せだったという事実を知り、僕は涙します。

 

この世から猫が消えてしまったら、⼤切な家族との思い出も消えてしまう…。

そう思った僕は、世界から猫を消さないことを選択します。

そして、「悪魔」の正体は、死を受け⼊れられない⾃分⾃⾝であったと気づきます。

僕は⾃らの死を受け⼊れ、何も消えてはいけない、⼤切なもので溢れた世界を⾒つめます。

そして死ぬ前に、⺟の死以来、⾔葉を交わしていなかった⽗の元へと出向いて⾏くのでした。

 

映画「世界から猫が消えたなら」の感想

この映画の⼀番のメッセージは、「世界はかけがえのないものでできている」ということ。

「悪魔」が登場したり、世界から「何か」が消えたり、少しファンタジックな世界観で⼼が洗われるような気持ちになるお話でした。

カメラワーク、⾳楽、俳優の演技、そのすべてが、この物語のメッセージや世界観を最大限に伝えています。

 

「世界から何かを消し、⾃分の寿命を伸ばす」

だって、⾃分の命に変えられるものなんてないから。

 

そう思って悪魔と取引きをする僕が、身の回りにありふれた⼀つ⼀つのものに、⼈との出会いと思い出があることを知っていく様子に、とても考えさせられました。

そして、その出会いや思い出がモノと⼀緒に消えるシーンは、喪失感あふれる僕(佐藤健)の表情に、何とも⾔えない気持ちに…。

 

一番印象に残ったのは、やはりタイトルにもなっている「猫」を消そうとするところ。

かつての飼い猫を思い出し、家族のことを回想する中で、僕はかけがえのない家族との思い出の⼤切さを知っていくシーン。

それに続く、亡き⺟からの⼿紙のシーン。

『あなたが⽣まれて来てくれたことで、私の⼈⽣がどれだけ素敵で輝いていたことか、きっとあなたは分からないでしょうね』

病気で倒れてもなお「家族がいただけで幸せだった」と訴える⺟の⾔葉に、涙が止まりませんでした。

 

忙殺される⽇々の中で、私たちはついつい、⽇常にありふれたものの⼤切さに気づけなくなっていきます。

それは「家族」であっても然り。

母親からの手紙はそんな僕に、この世にありふれた幸せと愛を教えてくれました。

 

何気ないものの⼤切さに気づき、⾃らの死を受け⼊れた僕。

死の前に、この世にありふれたかけがえのないものに気づけたことは、きっと幸福なことだったと思います。

私もこの映画を⾒て、⽇常の⼤切なものを⾒逃していたことを思い知りました。

 

何も消えてはいけない、かけがえのないこの世界の⼤切さを訴える、感動の⼀作です。

 

それから、主演 佐藤健の一人二役の演技も見ごたえありです。

同じ顔で、性格の全く違う「僕」と「悪魔」を巧みに演じている姿もぜひチェックしてみて欲しいと思います。

 

さいごに

最近仕事が忙しくて、何気なく⽇々が過ぎてしまう。なんとなく毎⽇過ごしている。

そんな⼈にぜひ見てもらいたい映画です。

きっと、⽇々の⼤切さを思い出すと思いますよ。

スポンサーリンク